ハワイ

子供(2歳)と初ハワイ!事前の準備と持ち物リスト

旅行、Travel

昨年12月のハワイ旅行は、息子が生まれてから初めての海外旅行でした。海外旅行も子連れとなるとちょっとドキドキしますよね。

心配性の私は、忘れ物がないか何度も確認してしまった程。特に食事面では、お部屋で何を作ろう?!それには何を持っていけばいいかな?!など考えていました。

今回は、子連れハワイ、航空券やホテルの手配が済んだら準備すべきこと、持ち物などについてまとめてご紹介したいと思います。

パスポートの申請

赤ちゃんと初めて行く海外旅行、ハワイを選ばれる方も多いのではないでしょうか。パスポート申請は平日のみ、受け取りは日曜日も可能ですが赤ちゃん本人を連れて行かなければいけません。余裕をもって申請したいですね。

航空券やホテルの予約が済んだら、パスポートの取得から始めましょう。
子供のパスポート取得方法については、下記記事をご覧くださいね。

petitpois tokyo
赤ちゃんと初海外へ!赤ちゃんのパスポート取得方法と注意したいことこんにちは。 次のお休みの予定は決まりましたか? 赤ちゃんと海外へ行きたい!と思ったらまず必要となるのがパスポート。 しかし、赤ち...

ESTAの申請も忘れずに!

ESTAは、アメリカに行く際に必ず登録手続きをしなくてはいけないものになります。
原則2年更新ですが、パスポートを更新した場合は、再度、登録手続きをしなくてはいけません。

申請費用は$14.00、クレジットカードまたはペイパルでの決済になります。

渡米72時間前(3日前)までに手続きを済ませなくてはいけませんので、ご注意くださいね。

登録後、渡米認証の審査は72時間以内に判定されます。一定時間を置いて申請サイトにアクセスし、ESTA状況を確認しましょう。

我が家は慌てて出発4日前に登録しましたが、登録完了後、5分程で渡米認証が承認されていました。

ESTA公式申請サイト

荷物の中身は?

旅行 travel今回の荷物は約80-90Lのスーツケース2つとベビーカー1台でした。

息子の荷物は、

着替え、おむつ、サンダル、水着、お菓子、ジュース、ふりかけ、絵本、帽子、サングラス、など

リストアップすると大した数ではありませんが、2週間の旅行となるとおむつだけでもかなりの量です。2歳を過ぎた息子、夜はねんねパンツが手放せないので、更にかさばってスーツケースを占領していました。

 2つ目の滞在先「ザ・リッツ・カールトン」に洗濯機がありましたので、洋服は1週間分くらい持って行き、現地で洗濯。これは助かりました。

持参して良かったものは、サランラップ!炊いたお米を小分けしたり、野菜、果物を洗って入れたボールにラップをかけたりと、とても役に立ちました。

アメリカ製のラップはあまり好きではないので(容器に蓋をしてもあまり密着しません)、忘れずに持って行ってよかったもののひとつです。

キッチンペーパーや洗剤はお部屋に用意がありましたので持参しませんでした。お部屋にキッチンがない場合でも、子供の水筒やカトラリーを洗いたいという方はこの2つはあると便利ですね。

子連れの手荷物

旅行 travel往路のフライトは22時発。

息子の就寝は22時半ですので、離陸と同時に寝てくれるかな?と期待していましたが寝るどころか、テンションアップ!!飛行機の中で「飛行機はどこ?」と聞いていました(笑)

ようやく寝たのは25時半、到着まで残り3時間半。寝不足のままホノルルに到着しました。

復路は13時発、少ししてお昼寝をしてくれましたが、すぐに起きて食欲全開!ワイキキのDean&Delucaで買ったパンを次々と平らげ、機内食のパンも完食と疲れ知らず。

機内にはトーマスの本2冊、クレヨン&色鉛筆、ノートなどを持って行きましたが、往復ともに使いませんでした。代わりにオーディオプログラムのトーマスやミッキーを良く観てました。

食べ物はパン1つ、アップルウォーター(容器は500mlですが、飲みかけだったので、300mlくらい)1本、リンゴジュース2本。

旅行 travel通常、液体物は100ml以下の容器に入れて、縦横の辺の合計が40cm以内の透明な再封可能なプラスチック製袋(ジップロック状)に入れなければいけませんが、ベビーミルク、ベビーフードなどはプラスチック製袋に入れなくても持ち込み可能です。

ちなみに、耳抜きの為に飲料水は多めに持っていきましたが、アップルウォーターがおいしかったのか、離陸前に飲み終えてしまいました(笑)

sheraton
赤ちゃんとの初フライトが心配!長時間フライトを乗り切るコツとは?赤ちゃんと初めて海外旅行へ行く際に最も気になるのがフライト。 チケット代は? 耳抜きは大丈夫? 長時間のフライトの間、どうやって過ごす...

タクシーを予約しておくと便利です

ホノルル国際空港からホテルに向かう場合、タクシーを利用する方が多いと思いますが、
タクシー待ちの長い行列ができていることも。

沢山の荷物や子供を連れて行列に並ぶのは大変なので、事前に予約をしておくと安心です。

「チャーリーズタクシー」や「SPEEDI SHUTTLE」では、日本出国前に配車予約が出来ます。

Charley’s Taxi
SPEEDI SHUTTLE

ここでは今回利用したチャーリーズタクシーについてご紹介したいと思います。
インターネットで事前予約をしたら、ホノルル空港で電話(公衆電話からコインを入れずに電話が出来ます)。日本語対応のトールフリーもありますので、安心ですね。

料金は、空港からホテルまで定額で、

片道(往路・復路ともに同料金)
ワイキキ: $29
コオリナ:$55

私たちは空港からコオリナまで運転してくれたドライバーさんを気に入ったので、その後もコオリナ~ワイキキ、ワイキキ~ホノルル空港と同じドライバーさんにお願いしました。

定額なので渋滞に巻き込まれても安心です。メーターが回っていたので通常の料金も確認できましたが、定額タクシーの方が5-10ドルくらいお得でした。

旅行前の準備、他に必要なことは?

どうしても行きたいレストランなどがある、オプショナルツアーに参加したいと思っている方は、事前に予約をしておいたほうが良いですね。

petitpois tokyo
子連れでハワイ!旅の前に準備しておきたい暑さ&日焼け対策 赤ちゃんとハワイ。ビーチやプール、ショッピングやノースショアへドライブなどたくさんお出掛けしたいですよね。そ...