ハワイ

子連れでハワイ!旅の前に準備しておきたい暑さ&日焼け対策

petitpois tokyo

赤ちゃんとハワイ。ビーチやプール、ショッピングやノースショアへドライブなどたくさんお出掛けしたいですよね。そこで気になるのが赤ちゃんの暑さ&日焼け対策。

ハワイの紫外線は日本の3~6倍と言われています。日本の夏のようなジメジメとした感じはありませんが、季節を問わず、日本より日差しが強く、大人でもこまめに水分を補給するなどの対策が必要です。体温調節が苦手な赤ちゃんにはしっかり暑さ&日焼け対策をしてあげましょう。

今回は赤ちゃんの暑さ&日焼け対策をご紹介します。

汗を吸収しやすい服

赤ちゃんはとにかく汗っかきですので抱っこをしていてもベビーカーに乗せていても汗をかきます。汗を吸収しやすい服を着せ、着替えを用意しておきましょう。

ガーゼ生地の汗取りパッドを背中に入れておくと便利です。

petitpois tokyo

また、抱っこ紐で抱っこする場合、ママのお腹が汗でびっしょりなんてことがあります。長時間抱っこする場合、汗が赤ちゃんに移らないように、ママのお腹にガーゼを当てておくと良いかもしれません。

ベビーカーにシェードを付ける

赤ちゃんの肌は敏感なので、しっかり日差しを避けてあげたいですよね。特にB型のベビーカーの幌は浅く、太陽の位置によっては顔から脚まで日差しが当たってしまいます。ベビーカーにはシェードを付け、赤ちゃんをしっかりと日差しから守ってあげましょう。

現地でベビーカーをレンタルする場合、手持ちのシェードを持っていくか、または大人用のパーカータイプのラッシュガードを幌からかけてあげると日除けになります。我が家ではこの方法で乗り切りました。

petitpois tokyo

保冷剤を使う

暑さ対策には保冷剤を使うことをお勧めします。ベビーカー専用のものもありますが、旅行には抱っこ紐とベビーカー両方に使えるものが便利です。保冷剤は冷えすぎないよう、固まらないタイプのものを選んで。

シーエー産商 接触冷感ひんやりクッション ベビー用(ブルーBL)チャイルドシート ベビーカー だっこ紐 保冷 保冷シート 新生児 冷却 カバー ひんやりベビーシート

抱っこ紐用日除けケープ

抱っこ紐で抱っこしていると、手足に日差しが当たってしまいますので、抱っこ紐用の日除けケープがあると安心です。

ケープの替わりに、大人用のパーカータイプのラッシュガードも日除けになります。抱っこした赤ちゃんをカバーするように袖を通せば、ママの腕も日焼けから守ってくれます。

hiyake

水分補給

常に白湯を持ち歩き、お昼寝から目覚めた後、起きている間は20~30分置きに白湯を飲ませてあげましょう。

旅行前はほとんど白湯を飲まなかった息子ですが、ハワイ滞在中はよく白湯を飲んでくれました。それだけ喉が渇いていたんですね。毎日哺乳瓶にたっぷり白湯を入れて携帯していました。

 帽子

ビーチやプールはもちろん、抱っこ紐で抱っこしている時などは帽子を被せてあげましょう。帽子も汗を吸収しやすい素材のものが良いですね。

osanpo

まとめ

旅行に限らず、お出かけの際にも気をつけたい、暑さ&日焼け対策グッズをご紹介しました。プールやビーチなどでは、首まで隠れる帽子や、ラッシュガード、日焼け止めなどを使用することをお勧めします。

赤ちゃんはお喋りすることができない分、こまめに観察しつつ、少しでも快適に過ごせるようにしてあげたいですね。