ハワイ

好立地で快適!ワイキキを堪能するならハイアット セントリック ワイキキ

ここ数年、ハワイはリノベーションラッシュ!

サーフジャック、レイロウ オートグラフコレクション、アロヒラーニホテル、クイーンカピオラニホテルと沢山のホテルが改装を終え、オープンしているんです。ハイアットセントリックワイキキビーチもそのひとつ。

4週間滞在したハイアットセントリック ワイキキビーチについてたっぷりご紹介したいと思います。

滞在先の予約はTrivagoで!

長期滞在は、ホテル?コンドミニアム?

The Ritz-Carlton, Waikiki リッツカールトンワイキキ

今回は滞在が長いのでキッチン付き、洗濯機が設置されているコンドミニアムも検討しましたが、結局ホテルに決めました。

その理由は、最初の10日間は息子と二人なので、ワイキキ中心部に滞在する方が何かと便利だと思ったためです。「途中、滞在先を変えてみる」という選択肢もありますが、前回のハワイで経験し、思っていた以上にハードだったため、今回は最初から考えていませんでした。

また、息子は毎日日没に行われているインターナショナルマーケットプレイスのフラショーが大好きなので、その近くに泊まることを最優先に。

4週間の滞在中、食事や洗濯では少々不便なこともありましたが、フラショーに行く時は、一度ホテルに戻って荷物を置いてから、という日も多かったので、やっぱりインターナショナルマーケットプレイス近くで良かったなと思います。

予約はTrivagoがお得

ホテルは、CMでもお馴染み!トリバゴで検索。旅行先やホテル名を入力するだけで、世界中の400社以上の予約サイトの料金を比較できるんです。

これまでトリバゴを使ったことがなかったのですが、ホテル予約サイトから直接予約するよりも、トリバゴ経由でホテル予約サイトに入ってから予約した方がお得ということを知りました(予約する時期やホテルによっては、同じ値段のこともあります)。

1泊1,000円の違いでも4週間となるとかなりの違いが出てくるので、トリバゴで予約して良かった!すでに、次回とその次の旅行もトリバゴ経由で予約済み、とTrivagoは旅予約をする上で欠かせない存在になりました。

これから海外旅行を検討されている方は、是非利用してみてくださいね!

>>Trivago(トリバゴ)で予約する

滞在先は新しいホテル、ハイアットセントリック ワイキキビーチ

ハイアットセントリックワイキキビーチ

今回滞在したのはハイアットセントリックワイキキビーチ、日本でも2018年1月にアジア初のハイアットセントリック銀座がオープンしたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

2017年1月、ワイキキトレードセンターを、230室のモダンなブティック・ホテルに改装して生まれたハイアットセントリックワイキキビーチは、好立地でおしゃれなホテル。

ハイアットセントリックとは

「街の中心」「情報の中心」という2つの意味が込められたハイアットの最新ライフスタイルホテルブランド。

2015年1月に北米で誕生し、現在はシカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルス、マイアミなど米国の主要都市やリゾート地を中心に展開。

場所は、カラカウア通りから1ブロック、インターナショナルマーケットプレイスに隣接した、シーサイドアヴェニュー沿いと好立地!どこへ行くにも便利で、ビーチへは500m、ワイキキトロリーの停留所まで2分という便利な場所にあります。

動物園も徒歩圏内ですよ。

オシャレなロビー

ハイアットセントリックワイキキビーチは賑やかなワイキキ中心地にありますが、ホテルに一歩入ると落ち着いた印象。フロントのある8階はオシャレな空間が広がってます。

このソファ、どちらも1度は座りたくなりますよね。空いているので、いつ行っても独り占めもできちゃいます。

さりげなく置かれたクリスマスグッズもおしゃれです。

とてもコンパクトなホテルなので、混雑することもなく、チェックイン・アウトの時間以外はとても静かで、ホテルに戻るとホッとする空間でした。

朝食は「The Lanai」にて

 ハイアットセントリックワイキキビーチ

ホテルの中には「The Lanai(ラナイ)」というレストランがあり、朝食でビュッフェを頂きました。決して種類は多くないのですが、どれも美味しかったです。

ビュッフェは1人28ドル、子供は17ドル(5~12歳)、ホテルの朝食ビュッフェの中ではリーズナブルなお値段だと思います。朝食は、アラカルトメニューもあります。

小さいですが、バーもあります。15~18時はハッピーアワーで、プールサイドで頂くこともできます。

プールは大人な雰囲気

大人女子たちがプールでホテルのPV撮影をしていて、その隣で息子がお友だちになった子供たちと遊ぶというちょっと不思議な光景もありましたが(笑)、確かに一見大人な雰囲気なプールです。

でもこのプールは深いところでも息子の太ももくらいしかなく、大人には不評のようですね。これで毎日リゾートフィー$30はあり得ない!という口コミが沢山載ってます。

大人にとっては残念なプールかもしれませんが、個人的には、4歳児にはちょうどよい深さで、溺れる心配もなく、満足でした。

1980年に建てられたオフィスビルを改装したホテルなので、建物の構造上、あまり大きなプールを作れなかったのかなと思います。

ちなみに、奥にはジャグジーがあり、そこは深さ90㎝くらいでした。

マウンテンビューのお部屋

  ハイアットセントリックワイキキビーチ

宿泊したのは20階にあるマウンテンビューのお部屋。シンプルな内装で、オープンしてまだ1年ですから、とてもきれいで快適でした。

ちなみに、エレベーターは20階までですが、お部屋は22階まであります。20階にペントハウス専用エレベーターがあるんです。

朝はダイヤモンドヘッドからのぼる朝日が拝めて、夕方は夕日に照らされた山が見えるお部屋でした。

4週間の滞在だったので、ホテルのフロントの人たちとは顔見知りになり、息子も用事がなくてもフロントに寄ってお話をしてから部屋に帰るのが日課に。

アットホームな雰囲気で居心地も◎です。

ペットフレンドリー

ワイキキでは珍しく、ハイアットセントリックワイキキビーチはペットも泊まれるペットフレンドリーなホテルなんです!

ホテルのマネージャーの方も、時々愛犬を連れて出勤している姿を見かけました(ワンちゃんは、フロントの奥で飼い主の隣に座ってましたよ)。

この自由さ、さすがはアメリカ!ですね。

ユニークなプログラムも!

ハイアットセントリックワイキキではグリーンプログラム(ハウスキーピングをスキップする代わりに、5ドル/1日のクレジットがもらえるシステム)があります。

ハウスキーピングがない日でもお願いすれば毎日タオル交換やゴミ捨てはしてもらえるので、息子と2人の時は1日置きで利用。グリーンプログラムで貯まったクレジットはホテル内のダイニングで使えるので、よくプールサイドでビールを飲んでました(パパが(笑))。

 

ハイアットセントリックワイキキビーチの良かったところ、残念だったところ

良かったところ

✔ 何と言っても立地の良さ

✔ 新しくてキレイ

✔ コンパクトなホテルなので、静かで快適

✔ フロントに日本人スタッフがいる(このランクのホテルは日本人スタッフがいないことも多いですが、フロントに1人だけいます。息子が大好きになったお姉さんです)

残念だったところ

✔ エレベーターが古い(古い建物をリノベしているので当然のことなのですが、時々壁の裏から大きな音がしたり、ある時はエレベーターが止まって消防士がやってきたことも!ちょっと怖かったです)

✔ マイナートラブル色々(お部屋を掃除してもらう日なのに掃除されていない、その逆も。テレビがつかなくなり、何度かスタッフを呼んだこともありました。)

まとめ

お部屋の清潔さや立地、スタッフの対応などを含め、快適な滞在でした。

残念だったところもありましたが、4週間も滞在していると、いくつかのマイナートラブルだって起こるでしょうから、あまり気にはなりませんでした。

お部屋を出てエレベータで1階に降りるともうワイキキの真ん中という好立地のハイアットセントリックワイキキ、お値段もお手頃なのでおすすめです!

>>トリップアドバイザーで「「ハイアット・セントリック・ワイキキ」の最新口コミをチェックする

ハイアットセントリックワイキキビーチ

住所: 2255 Kuhio Ave. Honolulu, HI 96815
電話番号 : (808)922-7444
ウェブサイト(英語) : www.hyattcentricwaikikibeach.com