ベビーグッズ

暑い夏のお出掛け&旅行に持っていきたい赤ちゃんの便利グッズ7選

petitpois tokyo

赤ちゃんを連れて旅行に行く際、何をどれだけ持って行ったらいいのかしら?と悩みますよね。

先日の3泊4日の旅行では、滞在日数分のパジャマに服、着替えを余分に数枚、オムツ、ビブ、ガーゼなどなど気がついたら男性の大人1人分以上の量になってしまいました。今後、離乳食が始まると更に荷物は増えます。

公共交通機関での移動となると、赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこしなければならないので、手荷物は最小限にしたいものです。今回は、手荷物として旅行に持って行って役に立ったものをご紹介します。

手荷物

まず、手荷物として持っていったものがこちら。

  • お包み
  • オムツ・お尻拭き
  • 粉ミルク・お湯を入れた水筒・哺乳瓶
  • おもちゃ
  • 着替え・汗取りパッド・ガーゼ
  • 授乳ケープ

次に、手荷物の中でも持ってて良かったなと思ったものをご紹介します。

 

お包み

petitpois tokyo

お包みとして使用するのはもちろん、対角線の角を結んで首からかければ授乳ケープ代わりにもなります。

車で移動の際、窓にかければ日除けにもなります。

ホテルでは大人用のベッドで添い寝することが多かったのですが、大人用のお布団は重く暑かったので、お包みを持って行って正解でした。

おもちゃ

petitpois tokyo

 

歯固めはキリンのソフィーと迷いましたが、軽くてコンパクトなこちらにしました。

おしゃぶりが嫌いな息子のために考えた、哺乳瓶の乳首にカーゼを詰めただけの手作りおしゃぶり。普段おしゃぶりは使用しませんが、車で移動中グズった時の為に持って行きました。

落下防止の為のクリップ付きのホルダーはマストです。

 

使い捨て哺乳瓶

petitpois tokyo

哺乳瓶にはPlaytexのドッロップインタイプの使い捨て哺乳瓶を持って行きました。これがあればミルクを飲ませ、使い捨て哺乳瓶を捨てれば、同じ哺乳瓶で白湯を飲ませることができます。乳首だけもう1つ持って行きました。

使い捨てパックは、高温を入れることができないので湯温には注意が必要です。

Playtexのドロップインタイプではなく、Clovis Babyのプラスチック哺乳瓶は、それぞれに乳首がついているので便利です。

 

汗取りパッド

petitpois tokyo
赤ちゃんは汗っかきです。特に車の中では、クーラーが効いていてもチャイルドシートに座る赤ちゃんの背中はびっしょりになっていることも。

汗取りパッドはコンパクトですし、着替えをする手間も省けます。パッドをつけるとセーラー服みたいで可愛いですね。

petitpois tokyo

 

チャイルドシート

手荷物ではありませんが、他に持って行って良かったものがこちら。

チャイルドシートに座らせた途端大泣きする息子。旅行の前日まで家でチャイルドシートに座らせ慣らしていたので、当初はレンタカーを借りる際に一緒に借りる予定でしたが、普段使っているマキシコシのチャイルドシートを持って行きました。バウンサーにもなるタイプなので、室内でも使用することができます。

ホテルのチェックイン手続きの間、息子はチャイルドシートで寝てました。

 

保冷剤

petitpois tokyo

 

こちらはエルゴ(抱っこ紐)にもベビーカーにもチャイルドシートにも紐で結ぶだけで装着できるものです。

チャイルドシートに座らせると背中がとても暑くなるので、滞在中の車での移動の為に持って行きました。

厚手のパッドに保冷剤を入れるのですが、冷やしすぎないよう、こまめにチェックした方がいいかもしれません。

日焼け対策グッズ

petitpois tokyo

 

今回は空港近くでランチを済ませすぐにホテルに向かったので、日焼け対策グッズの出番はありませんでしたが、暑い外を歩く際には、帽子や日傘があると良いですね。

指先と踵が出るレギンズはさらっとした素材で夏でも使用できるものです。

以上、5か月の息子との旅行に持って行ったグッズをご紹介しました。

赤ちゃんの月齢によっても、必要なものが変わると思いますが、参考になれば嬉しいです。

♪ミキハウス/mikihouse♪47cm ハット/帽子 白×青 ストライプ パイル リバーシブル【中古 USED】子供 キッズ kids ベビー baby 男の子 春夏